MENU

地域に馴染む飲食店にするためには

店舗を構えるということは、簡単に移動できないということです。

 

宅配サービスを行う、出張販売を行うということであっても、拠点として機能し、基本的に集客するというスタンスに違いはありません。

スポンサーリンク

その場所、その土地の風景として定着する必要がありますし、その存在を知る方が今日はあの店に行こう、と思い出してくれるようになる必要があります。

 

全国的に展開しているチェーン店であっても同様です。

 

地域の方に覚えてもらうというプロセスがなければ、どうしても客足は増えません。

まずは店外での挨拶から始めよう

それではどうやって地域に馴染むか、その存在を近隣の方に認めてもらうかということですが、まずは自身も含めたスタッフが近隣の方に対して顔馴染みになるというところから始める必要があります。

 

店の近所や道で顔を合わせた際にしっかりと挨拶をするところから始め、地域の店舗や商店が集まる寄り合いや会合などには積極的に参加します。

 

住宅街エリアであれば定期的に地域のイベントが催されますから、そのようなイベントに協賛することや、店頭での販売なども検討して参加していくことも大切です。

 

そして地域に馴染むということは、その地域の人と仲良くなるということです。

 

互いに知った存在になること、同業者であっても認め合うこと、その地域にもっとたくさん人が訪れるようになるにはどうすればいいかということを共に考えていき、地域振興に寄与することです。

 

そのような意識を持つだけで、日々の店舗運営も変わってきますし、地域のイベントに合わせた割引などを実施して集客に結びつけることもできます。

 

まずはその土地を知り、その土地ではどのようなサービスが喜ばれるのかということを知るところから始めることが大切です。

 

開店直後は、あいさつ回りも兼ねていろいろな人とコミュニケーションを図ることが大切です。