MENU

店名と看板がすべてを左右する

飲食店の店名と看板は、何においても重要です。

 

ひと目で何の店なのかがわかる看板、居酒屋であれば居酒屋と併記した店名が重要です。

 

コンセプトと独自性を重視するあまり、何屋かわからないようなネーミングが一番悪い例で、触れた方が少しでも迷ってしまうような付け方はよくありません。

スポンサーリンク

さらに、コンセプトとしているものがわかるような枕詞も必要です。

 

本場のインドカレーを提供するのであれば、本場インドカレーと記すのが一番です。

 

そして、覚えやすい店名であることも重要です。

 

一度見て覚えられないようなネーミングは避けるべきです。

 

日本では、さまざまな言葉を四文字に略すことが多いです。

 

四文字の言葉で表せる響きが文化的にはあっているということでもあり、親しみを感じやすいので、店の名前は声に出して四文字であれば浸透しやすくなります。

コンセプトにあった店名と看板の決め方

つまり、看板に記すべき言葉は居酒屋であればただ居酒屋とだけ書くのではななく、和風の雰囲気とメニューであれば和風居酒屋という冠をつけた上で、簡潔な店名ということになります。

 

また、看板のデザインやロゴはコンセプトを活かしたものである必要もあります。

 

例えば和風居酒屋であるなら、スチール地剥きだしの看板では違和感があります。

 

木製にする、木製風にするなど、コンセプトの延長線上にあるもので用意する必要があります。

 

そのようなデザインは専門外だという場合は、デザイン事務所などの専門家にロゴや看板の製作を委託することも重要です。

 

ずっと掲げていくことになる看板ですから、安易なものではなく一度見たら忘れないようなもの、それでいてお店のことがある程度伝わるものをしっかりとこだわりぬいて用意することが、成功のためのポイントです。