MENU

飲食店経営と物販経営のどちらが良いのか

非常に粗利益率の高い商売が飲食店経営で、物販のお店は、仕入が8割以上で、利益は2割以下というところも少なくありません。

 

仕入が高くても、数多く売れれば問題ないのですが、そのように売れる様な商品は少なく、飲食店経営と比べると効率が悪いです。

スポンサーリンク

注文しても品切れで、入荷しなかったりすることもあるので、飲食店経営と違い、みすみす売り逃すこともあります。

 

飲食店経営は、品薄商品などで大口が優先され、小さなお店は後回しになったりすることがありません。

 

やっとの思いで仕入れた商品が、再入荷する頃には人気が落ちるということも、飲食店経営ではありません。

 

利益率が悪い商品の場合、売れ残りという現実があり、飲食店経営では、そうした心配もありません。

 

売れ行きが落ちてきたら、仕入れ価格よりも安くして売らないといけませんが、飲食店経営はそれとは無縁の世界です。

 

他では多い万引きも飲食店経営であれば、その心配はなく、万引きによる被害で閉店に追い込まれることもありません。

飲食店の利益率

物販では、利益率が非常に厳しい中、飲食店経営なら大体利益率は6~7割は普通に確保できます。

 

仕入ではなく儲けがその位あるので、飲食店経営に成功すると、大きな利益を生むことになります。

 

飲食店経営は、商品によっては材料費が一割以下と言うこともあり、差別化しやすいのが魅力です。

 

同じ飲食店経営でも、様々な業種業態があり、同じような業態であっても、千差万別なのでやりやすいです。

 

同じようなフレンチレストランが近くにあっても、お客の立場からすると、どちらでも良いという事はないのが飲食店経営の魅力です。

 

それぞれの店によって得意料理が違ったり、雰囲気が違ったりするので、飲食店経営は幅が広いです。

 

好きなお店はハッキリしているもので、飲食店経営は差別化しやすく、価格競争になり難い側面があります。

 

また、大型店とも対抗できる魅力が飲食店経営にはあり、一つ一つのお店そのものに存在理由があります。

飲食店経営と物販経営のどちらが良いのか関連ページ

飲食店経営における三大経費とは
脱サラ起業について
ビジネス関連情報