MENU

飲食店経営を安定させる記事一覧

商売には浮き沈みがつきものです。どのようなビジネスであっても、需要予測ということを行い、どのような時期にどのような物やサービスが必要とされて、どれだけ売れるか、どれだけ儲かるか、そのようなことを加味して事業計画が作られます。

飲食業において、ビジネスの上で気にしなければいけないのは原価率です。材料費に加えて設備費、家賃、働いているスタッフの人件費、光熱費などを加味して、それを差し引いた上で利益が残るような設定にする必要があります。

商品を提供する以上、それによって利益を得なければ商売として成り立ちません。厳選した材料、こだわり抜いた製法で提供するそのメニューは、作り上げた側からしてみればいくら値段をつけても良いというような自信作ということになりますし、価値がお客さんにしっかりと伝われば、どのような値段設定にしても大丈夫だと考える気持ちは誰にでもあります。

料理をメインにして提供する飲食店では、どのような工夫やサービスよりも、まずは提供する料理の味が大切です。飲食店が好まれるためにはサービスや店の雰囲気、料金などさまざまな要素がありますが、最終的には味が大切です。

お店のイメージは、提供されているメニューの味と等しいレベルで重要です。雰囲気でお店を選ぶという方もいますし、ざわざわしたお店が苦手という方もいます。女性ひとりでも入りやすくなっているかどうかということも大切ですし、看板や店名、そしてそこから派生したお店のイメージは、店舗を構成する大切な要素です。

店舗を運営する以上、営業時間と定休日をしっかりと定める必要があります。中には店主の気まぐれでバラバラな時間にオープンしているような飲食店もありますが、そのようなケースは自由に運営しても顧客がしっかりと付いてきてくれるという自負があるから成立していることです。

どのようなメニューを提供するのであっても、新鮮な素材、こだわりぬいた食材で作られている方が良く、それをしっかりとお客さんに伝えることが大切です。大手のレストランチェーンなどでは自社直営の農場を有していることがあったり、畜産事業者と提携していたりすることが多く、素材に対しての安心さをアピールしている例がとても多いです。