MENU

食材仕入れルートを独自化する

どのようなメニューを提供するのであっても、新鮮な素材、こだわりぬいた食材で作られている方が良く、それをしっかりとお客さんに伝えることが大切です。

 

大手のレストランチェーンなどでは自社直営の農場を有していることがあったり、畜産事業者と提携していたりすることが多く、素材に対しての安心さをアピールしている例がとても多いです。

スポンサーリンク

しかし規模があまり大きくない店舗では、そのように大々的な業務提携が難しいということはありますし、業務用スーパーで仕入れれば事足りることもあるのですが、食の安全に対しての消費者の意識は年々高まる一方です。

 

大手ファーストフードチェーンが、劣化した食材を実際に提供するメニューに使用していることなどが大きく社会問題として取り上げられてきたことも、食の安全に対しての世間の意識を高める結果になっています。

仕入れた食材の不備であっても店舗の責任となる

そしてもっとも重要なことは、たとえ業務用スーパーで購入した食材に不備があったとしても、それを使用して料理を提供した店舗が悪いということです。

 

最終的に調理して、安全に美味しく食べることができるものとして提供するのが飲食店の責任になります。

 

独自の食材仕入れといっても、難しいことではありません。

 

自身でしっかりと選んで、特定の農家の方に直接購入することを打診するなら、お店の規模は関係ありません。

 

また、こだわるのは産地でも構いません。

 

大切なことは店主がしっかりと選んでいるということ、そしてその理由をお客さんにポップを掲示するなどして伝えることです。

 

そして使用している食材はこだわっていて安全だということと、一般家庭ではなかなか食べることができない特別なものだということを伝えることで、安心を得つつ満足感、プレミア感を与えることに繋がります。