MENU

アルバイトの募集方法

自身がひとりですべて賄う営業を考えているのであれば従業員は不要ですが、想定しているお店の規模がある程度大きなもので、複数人で運営していくつもりでいるのであれば、アルバイトを雇用する必要があります。

スポンサーリンク

飲食店の運営にアルバイトは付きものですし、応募する側も仕事内容をイメージしやすいため、しっかりと打ち出すことができれば比較的容易に確保することが可能です。

 

まず募集の際にしっかりと明示する必要があるのが、勤務時間と時給、そして仕事の内容です。

 

さらには未経験OKなどという条件をつければ、応募の敷居を下げることができます。

 

すでに店舗物件を確保している場合、まずは貼り紙などで通り掛かる方に対して募集告知をすることができます。

オープニングスタッフには人が集まりやすい

その際に大切なのが、オープン日を明記することです。

 

バイト先を探している方にとって、いつから働けていつから収入があるのかということは死活問題ですので、その情報がなければ貼り紙に対しての反応はありません。

 

その際も、どのような店舗になる予定なのかをはっきりと記しておくことが大切です。

 

貼り紙をしても応募がない場合、インターネットを用いた募集を行う方法があります。

 

独自にホームページを開設してそこで募集するという手もありますが、開店していない店舗のホームページを見てくれる人はあまりいませんので、求人サイトを活用することになります。

 

掲載には費用がかかりますが、アルバイトを登用することができる可能性は一気に高くなります。

 

スタートアップスタッフである旨を明記すると比較的集まりやすく、さらに同様のアルバイト時給の相場よりも少し高めの提示をすることも有効です。

 

学生でもOK、交通費支給などの条件提示も必須になります。

アルバイトの募集方法関連ページ

制服にこだわると箔がつく
社員を増やすという決断