MENU

開店前の広告のコツ

飲食店を新しくオープンする場合、まずはお客さんに来てもらうことがなによりも大切です。

 

どのような素晴らしいメニューを用意しても、実際にそれを味わってくれる人がいなければ意味がありません。

スポンサーリンク

そして、新規開店の場合は口コミも何もない状態からスタートするわけですから、できるだけ多くの方に味わってもらって、その感想を拡散してもらうことが必要です。

 

インターネット上の口コミサイトもさることながら、人から人に実際に伝わる一言を重視する必要があります。

 

あの店はなかなか良かった、という一言をどれだけ得ることができるかが、その後の経営にとってとても重要なことになります。

 

そのように足を運んでもらうために、まずは新しいお店がそこにできることをしっかりと告知する必要があります。

紙媒体の広告はやはり重要

外装が出来上がった店舗にいつオープンするのかという貼り紙をするのは当然ですし、駐車場を備えていてある程度の範囲で集客が見込めるようであれば、広域に渡って宣伝するのも大切です。

 

インターネットも良いのですが、基本的にインターネットは知っている方が能動的に調べる媒体ですし、エリアを区切って宣伝することにはあまり向いていません。

 

そうなると、ポイントになるのは紙媒体です。

 

スタートアップに有効な媒体はクーポンを集めたフリーペーパーなどもありますが、やはり直接ポストに投函できるチラシです。

 

お店の場所、何の店かという明示、営業時間、主なメニュー、そして最後に期間を区切ったクーポンです。

 

オープン記念の広告では必須のもので、短期間に一気に集客する事が可能になります。

 

特に女性はクーポンに敏感ですので、チラシがそのまま捨てられるということを防止する効果もあります。

 

オープンの際は、クーポン企画とチラシを上手に使ってスタートダッシュを切ることが大切です。