MENU

店舗に最適な物件探しのポイント

新しくお店を作るためには、店舗として利用できる物件が必要です。

 

物件を探す際には個人で住居を探すようにはいかないという認識が必要で、物件の状態によって工事にかかる経費も変わってきますし、飲食店を営業することを良しとしない物件もあります。

スポンサーリンク

さらには、集客に対して有利な立地かどうかということも加味する必要があります。

 

特に飲食店にとっては、立地がすべてといってもいいほど重要です。

 

人通りの多い場所、人が入りやい場所であればあるほど、開業後の集客が楽になります。

 

ただ、当然ながらそのような好条件の貸し店舗はコストも多くかかることになります。

 

また、貸し店舗として用意されている物件の状態にも注意することが必要です。

 

中ががらんどうになっていて、コンクリートが打ちっぱなしになっている状態、いわゆるスケルトンの状態では、内装や設備を整えるための費用が多くかかります。

狙い目は元飲食店の物件

対して、もともと飲食店が営業していたような店舗で、その時の設備がある程度残っているということであれば、それを活かすことができるため設備にかかる費用を圧縮することができます。

 

極力節約したいということであれば、設備のある居抜きの店舗物件を探すことが最善です。

 

そのような貸し店舗物件は、不動産会社が管理していることが多いです。

 

住まいを探す際と同様に、仲介業者に相談してみるのも手です。

 

そして、少し深くマーケティング的な観点を取り入れて物件を探すのであれば、検討している物件の半径1キロ、3キロ、5キロ圏内にどれだけ人が暮らしているかということや、一日の人通りなどを加味することも重要です。

 

また、駐車場を用意することができれば集客の幅も広がりますので、お酒をメインに提供するわけではないという場合は視野に入れて探す方がベターです。