MENU

バー(Bar)の開業と経営

ここではバーの経営や開業について解説します。

 

パリっとしたシャツを着て軽やかにシェイカーを振る姿は同性が見ても格好良く、バーの価値を高めています。

スポンサーリンク

いざバーを開業・経営するとなると、お酒に関する知識が豊富な事は大前提として要求されるでしょう。

 

お酒を理由にワイワイ楽しむ居酒屋とは違い、バーはお酒を楽しみにしている方が多くいます。

 

お酒を作る腕が悪ければ、バーを経営していくのは難しいでしょう。

 

もちろんお酒に詳しければ良いという訳でもなく、高いコミュニケーション能力が要求されます。

 

上記のものは、あくまで営業していく上で必要なものです。

 

バー経営となると、これに加えてお金関係の能力も要求されます。

 

バーのマスターとしてどれだけ魅力があっても、店が赤字続きではいけません。

 

雇われではなくバーを経営するのなら、仕入れや人件費から売上げの事まで考えて常に収益を出す必要があります。

 

新しくバーを開店させるなら、開業資金がかなりかかります。

バー経営に必要な資格

飲食店経営の全般でよく言われる話に、3日の売上げで家賃を稼げるくらいが良いというものがあります。

 

たとえば、家賃15万円のテナントに店を構えるなら、3日で15万円ですから1日5万円をバーの売上げ目標にするのです。

 

バーの客単価は2000円とも3000円とも言われていますが、どちらでも5万円の売上げ目標を達成するには結構な客を入れなければなりません。

 

何かがあって爆発的に売上げが伸びる、という現象をバーで期待するのは難しいですから、毎日コンスタンスに客を呼べる魅力がバーには必要です。

 

どういった経営方針でバーを運営していくか、これが不透明なままだと売上げも安定しにくいでしょう。

 

バーを経営するにあたり、必要な資格が幾つかあります。

 

従業員の全員ではなく誰かが取得していれば良いというものが多いので、バーの規模を考慮して検討しましょう。

 

まずは飲食店営業という許可ですが、これはバーの業態を考えると不足感が否めません。

 

深夜0時以降も営業できるように、深夜酒類飲食店営業の取得が求められます。

 

酒類を客に提供するための資格は、上記のものを取得しているだけで満たされるため、バー経営に支障はないでしょう。

 

ただし、バーのように酒類の提供が主な目的でない飲食店の場合は、深夜酒類飲食店営業を必要とせず酒類の提供が可能です。

 

バー経営のために色々準備してきて、さあ明日開店だという時に、深夜酒類飲食店営業の取得を忘れていたでは困ります。

 

取得してから営業可能までに10日を要するため、日程には余裕をもたせましょう。