MENU

飲食店経営に必要な資格とは

食べ物や飲み物を人に提供するということは、それら提供する商品が安全なものである必要があります。

 

飲食店を経営したり運営したりする場合には、責任を持ってそのような安全を担保できるということを証明する資格が必要です。

 

それは食費衛生責任者という資格になります。

スポンサーリンク

必ず経営者が取得しなければいけないというわけではなく、各店舗に一人の取得者が必要です。

 

飲食店を開業する際には、まず保健所に対して食品衛生責任者の届け出が必要になります。

 

取得はそこまで難しいものではなく、費用は10000円ほど、講習にかかる時間は1日程度です。

 

その他必要になるのは、30人以上収容することができる大型店舗である場合に、防火管理責任者が必要になります。

 

この資格も講習を受けるだけで取得でき、費用は5000円程度、期間は1日程度となっています。

飲食店開業に必要な届出

資格としてはこれらの二種が必要で、逆に言えばこれらの資格さえあれば飲食店を開業することが可能です。

 

気になる調理師免許ですが、なくても開業することができるということになります。

 

カフェなどで調理する機会がないというケースもありますし、なによりも提供する食品の衛生と、店舗の安全を担保することができれば問題ありません。

 

資格としてはこれらだけですが、開業にあたっては業態に応じて各役所に申請を行う必要があります。

 

飲食店として絶対に届け出る必要があるのは保健所ですし、30人以上収容できる店舗であれば消防署、火を使って調理する場合も消防署、深夜に営業を行うのであれば警察署です。

 

そして個人事業として展開するのであれば、税務署にも届け出る必要があります。

 

店舗の経営を本格的に行うためには、必要な資格と必要な手続きをしっかりとこなしていることが最低要件でもありますので、自身が起こそうとしている業態に何が必要なのかということをしっかりと調べることが大切です。