MENU

飲食店開業に必要な資金調達の方法

多くの飲食店経営者は、スタートアップの際に融資を受けています。

 

つまり、誰かからお金を借りているのです。

 

自己資金だけで開業する方もいますが、そのような方の特徴としては企業勤めを引退した際の退職金でチャレンジしようというケースが多いです。

スポンサーリンク

融資を受ける、つまりお金を借りるということを考えると、まずは銀行に相談しようという考えを持ってしまいがちですが、近年では初めて起業する方に対しての銀行の審査はとても厳しくなっています。

 

だからといって消費者金融などでは高利すぎて、返済が厳しくなることが目に見えています。

ぜひとも活用したい国・自治体の融資制度

そこでスタートアップの際に適している融資を得る方法としては、日本政策金融公庫の融資制度、さらには自治体が独自に展開している融資制度を活用するのが最適です。

 

これらの融資制度は、金融機関から融資を受けることが難しい経営者を対象にして用意されているものです。

 

実績がなくてもしっかりとしたビジョン、つまり経営計画を用意していれば、低金利での融資を期待することができます。

 

この融資を受ける際には、当然審査があります。

 

公庫や自治体の融資制度を活用する際も、ただ手放しでお金を貸してくれるわけではありません。

 

担保を用意することができるかどうか、自己資金はどれくらいか、過去に返済遅滞などが生じていないかなどが調べられます。

 

最後にポイントになるのは、どのようなお店をどのように成長させていくのかという事業計画です。

 

融資をする側は、事業計画の良し悪しを判断する目に長けていて、しっかりとお店が儲かり、融資したお金を回収することができるかどうかを考えます。

 

融資を受けるために工夫できる点はこの事業計画です。計画は自身がお店を経営していく際の指針にもなりますので、しっかりと固めておくことが重要です。