MENU

飲食店を開業する

飲食店を開業すれば、誰しもが店長であり一つのコミュニティのトップになります。

 

職場の上司や先輩に頭を下げる事はなくなりますが、飲食店を始めると代わりに別のところで頭を下げる機会が増えるでしょうか。

 

開業祝いに関係各所から花輪が届けられ、何とも華やかな光景です。

スポンサーリンク

開業してしばらくはご祝儀的な意味合いで客足も伸びやすいのですが、その後閑古鳥では飲食店として困ります。

 

とかくお金のかかる業界で、店のレイアウトやら内装やら調理機器と飲食店に必要なものを揃えていくための開業資金は相当な額になるでしょう。

 

当然ながら立地は売上げに直接影響を与えるため、家賃も高額になってきます。

 

さあ飲食店を開業しようと息巻く前に、まずは綿密なシミュレーションをしておいた方が良いかもしれません。

 

飲食店を開業するにあたって借金をする事は珍しくありませんが、自分で1円も用意しなくて良いという事ではないので注意しましょう。

飲食店の開業と経営に必要なモノ

一番の問題は、どこから借りるかという事になりますね。

 

実際に借りる事のできる場所は限られていますが、飲食店開業のための資金を借りるためには自己資金を必ず要求されます。

 

つまり、飲食店を開業しようというのに自分で1円も出さない奴には貸せないよという話です。

 

どんなに小さな店舗でも、飲食店なら概ね1000万円はかかると想定しておくと良いでしょう。

 

厳守ではないものの自分で用意する飲食店のための準備資金としては、全体の半分が目安です。

 

もちろん飲食店なのですから、安定した稼ぎを出すための料理の腕も欠かせません。

 

従業員としてお店で働いていた頃に比べると、かなり大変に思えてくるでしょう。

 

飲食店を経営している知り合いに相談するなど、人の輪は積極的に使っていきたいです。

 

飲食店を始めたら、たとえ客が入らなくても生活費を何とかする必要があります。

 

客の入りが悪ければ売上げのうち自分に対する給料がなくなりますから、飲食店を始める前に生活費の蓄えも必要になるでしょう。

 

飲食店自体の営業が回らなくなっては元も子もないので、当面の間やっていけるだけの資金を開業用とは別に用意しなければなりません。

 

ゼロから開業して始める飲食店は、とにかくお金がかかる反面誰も知らない状態から始まります。

 

料理の腕と資金繰りだけでなく、店を売り込む営業も欠かせないでしょう。

 

また、開業すれば人を雇用する立場になるため飲食店としての理念を立てたいです。