MENU

居酒屋を開業してもどうせ失敗するのか?

色々な居酒屋が開業されては閉業している光景を見たことがないという方はいないのではないでしょうか。

 

居酒屋業界は入れ替わりが激しく、熾烈をきわめている業界です。

 

そのため、居酒屋を開業したいなと考えても、ためらってしまう方もいらっしゃることでしょう。

スポンサーリンク

確かに、ただ単に「やってみたい」という思いだけで開業してしまうと、すぐに閉業に追い込まれてしまうことも少なくありません。

 

居酒屋を開業してから、お店を軌道に乗せて10年以上継続しているお店は、1割にも満たないといわれています。

 

そのため、居酒屋を10年以上続けるのは大変難しいという側面があります。

 

したがって、居酒屋を始めてから大儲けができるほど成功できる方というのは、数パーセントであると考えて正解です。

計画を明確することで失敗を回避する

しかし、失敗してしまった方は、居酒屋業界が激戦の業界であるという理由だけではありません。

 

すぐに閉業になってしまっている居酒屋の多くは、計画性のないまま開業してしまったということがあります。

 

また、忙しくなりすぎて休む暇がなくなってしまい、生活が安定しているサラリーマンに戻るという居酒屋もあります。

 

さらに、お店が軌道に乗る前に資金が尽きてしまい、閉業になってしまう居酒屋もあります。

 

こういった失敗は、開業する前にしっかりと計画を立てることによって防ぐことができます。

 

いくら自分のお店だからといって、こだわりたい部分がたくさんあったとしても、身の程をわきまえた居酒屋の展開を考えることが必要です。

 

したがって、資金に余裕を持ちながら、計画を明確にすることによって、見切り発車の失敗を防ぐことができます。

 

そうすれば、居酒屋を開業したとしても成功率をぐっとアップさせることができるようになります。

 

したがって、どんな居酒屋にしたいのか、自分はどれくらいの資金を準備できるのか、お店が軌道に乗るまでどれくらいかかりそうなのかをはっきりさせてから開業することが必要です。