MENU

居酒屋を開業しても失敗したらどうなるのか

「居酒屋を開業するなんてギャンブルだ」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

定年退職した後に、その退職金で居酒屋をやってみたいけれど、失敗したらどうなってしまうのか不安に感じて中々踏み出せないこともあるでしょう。

 

個人で居酒屋を開業して失敗してしまった場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。



居酒屋のような事業を始めて失敗してしまうと、大きな負債を抱えてしまうのではないかと考えてしまう方もいらっしゃいます。

 

実際に、事業を失敗すると、大きな負債を抱えてしまい、その借金を返すのに苦労する場合もあります。

 

しかし、個人で経営する居酒屋の場合、無理な事業展開をして店舗数を増やしたなどの実績がない限り、よほど大きな負債を抱えることはありません。

 

なぜかというと、最初の初期費用についても、多少借金を抱えることはあるかもしれませんが、銀行は個人に返せなくなるくらいのお金を貸すことはありません。

リスクを恐れすぎないこと

また、居酒屋の設備を売却したり、居ぬき物件にして売却したりすると、少しのお金が戻ってきます。

 

そのため、そのお金で抱えた負債を返却し、その残りの負債について少しずつ返却していくことになります。

 

したがって、自分には払えないと感じてしまうほどの負債を抱えることは、ほとんどありません。

 

どんなことでも、初めて行うものというのは、失敗するかもしれないリスクがついてまわるものです。

 

しかし、そのリスクを恐れていては、やってみたいことへの挑戦もできません。

 

居酒屋の場合は、初期費用を抑える努力をすることで、大きな負債を抱えてしまうリスクを減らせます。

 

また、資金を十分に準備することで負債のリスクを減らせるため、しっかりとお金を貯めてから開業するのもひとつの手です。

 

ただし、失敗してしまったら少なからず負債を抱えてしまう可能性は高いです。

 

したがって、失敗しないためにはどうするのかという対策を考えながらも、もし失敗してしまったらこうしようということも想定することも大切です。