MENU

居酒屋を開業するなら居ぬき物件も検討しよう

「こんなところに自分の店を持つことができたらいいなあ」なんて、居酒屋の開業を夢見ている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

実際に居酒屋の開業に着手したとき、どんなところに居酒屋を開業するのかは、お客様に来てもらえる店にしなければならないことを考えると、非常に重要な事柄のひとつです。

スポンサーリンク

しかし、だからといって一等地に開業するだけの資金があるかどうかという点と合わせて検討してみると、難しいこともあります。

 

そういった場合に検討すべきなのが、居ぬき物件での開業を検討することです。

 

居ぬき物件とは、以前は飲食店が経営されていたけど、今では潰れてしまってそのままにしてあるという物件です。

居ぬき物件はリスクが高い?

元々、飲食店を経営していた物件なので、居酒屋を開業するにあたって必要な設備が揃っているので、それらを備えるために工事が必要なくなることから、なにもないところから始めるよりも、費用を格段に抑えて居酒屋を開業することができるようになります。

 

しかし、潰れてしまった店の後にやるのは、リスクが大きすぎると考えてしまう方もいらっしゃいます。

 

なぜなら、現にその場所で潰れてしまった店があるからです。

 

ところが、実は何もない場所で始める方がリスクは高いといわれています。

 

それは、居ぬき物件であれば、どうして以前の飲食店は潰れてしまったのかその理由をしっかりと分析することができれば、潰れない店づくりができるのに対して、何もない場所で始めるということは、何のデータもたいところで始めることになるので、続けられる可能性も潰れる可能性も模索しながら始めなければならないからです。

 

そういったことから、居ぬき物件というのは、大変人気のある物件になっています。

 

そのため、店が潰れてから次の店が入るまで期間が短いというのをよく見かけるのではないでしょうか。

 

常にアンテナを張っておかないと、居ぬき物件は人気が高いので、他の人に先を越され続けてしまいます。