MENU

居酒屋を開業するときは初期費用を抑えた方がよいのか

何かを始めようと考えたとき、多くの場合はたくさんの資金が必要となります。

 

居酒屋を開業しようとする場合も、例外ではありません。

 

たくさんの資金を持っている方であれば、初期費用をあまり気にすることなく開業できるかもしれませんが、多くの場合は初期費用と資金の兼ね合いをみながら、初期費用を決めることになります。

スポンサーリンク

居酒屋の開業にあたっての一般的な初期費用は、600万円前後であるといわれています。

 

テナントを決めるのに費用がかかったり、内装工事をするのに費用がかかったりします。

 

しかし、この初期費用は様々な工夫をすることができれば、200万円前後にまで安く抑えられるといわれています。

 

これはあくまでも目安なので、開業しようとしている場所によって費用は異なってくるので、どんなに抑えても1000万円はかかってしまったという場合もあります。

お店を軌道に乗せるまでの資金が必要

しかし、この初期費用を抑えるというのは、重要なポイントです。

 

なぜなら、自分が持っている資金のすべてを初期費用で使ってしまうと、居酒屋の経営を続けることがままならなくなってしまうからです。

 

どういうことかというと、開業してすぐというのは、そんなにたくさんの売り上げを見込めるわけではありません。

 

そのため、お店を軌道に乗せるまでの自分の生活のためやお店を運営するためのお金を確保しておく必要があります。

 

初期費用にお金をかけて、こだわった方が失敗しないのではないかと考えてしまう方もいらっしゃいますが、実はそれは間違いです。

 

どれだけお金をかけるのかよりも、どれだけお金をかけずに売り上げをあげられるのかという計算ができるかが、失敗しないことにつながっていきます。

 

そのため、お金を持っているかどうかではなく、いかにお金を使わずに儲けることができるのかが重要になります。

 

したがって、居酒屋を開業するにあたって、初期費用を安く抑えることは、居酒屋を繁盛させて長く続けていくことにおいても非常に重要なポイントのひとつになります。