MENU

居酒屋を開業するために調理師免許は必要なのか

「お酒を飲む空間が好きだから居酒屋を開業したい」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

日々、様々な居酒屋が開業されているので、自分らしい居酒屋を開業したいと考えることもあるでしょう。

 

そんなときに気になるのが、居酒屋を開業するために、調理師免許を取得する必要があるのかどうかということです。

 

スポンサーリンク

居酒屋といっても、単純にお酒を提供すればよいのではなく、お酒の肴を出すことができて初めて、居酒屋らしい雰囲気になりますし、憩いの空間になります。

 

そもそも調理師免許とはどういった資格なのでしょうか。

 

それは、調理に関する専門的な知識を持っていますよということを証明しているものになります。

 

したがって、飲食店を開業して良いですよという資格ではなく、調理の知識を持っていますよという資格です。

 

そういったことから、居酒屋を開業するにあたって、必ずしも調理師免許は必要とされません。

調理師免許を取得する利点

また、店舗に調理師がいなくても、居酒屋を開業することができます。

 

ただし、調理師という資格を持っていることによって、お客様から安心と信頼をえられやすいという有利な点があります。

 

飲食店に就職するときにも有利になります。

 

そうしたことから、居酒屋を含めた飲食店を開業する前に、調理師の資格を取得する方が多くいらっしゃいます。

 

これらを踏まえると、調理師の免許は絶対ではないので、これまで調理の専門学校などに通ったことがない方でも、居酒屋は開業できるということになります。

 

だからといって、どんな料理でも良いわけではありません。

 

お酒の肴の味があまり美味しくないということになると、客足は段々と途絶えていってしまいます。

 

したがって、居酒屋を開業するにあって、どんな料理を提供することができるのかというのは、非常に重要なことになります。

 

そういった意味でいうと、料理の知識が全くない場合には、調理師の資格を取得する過程で料理を勉強するというのも必要になる場合があります。