MENU

新メニューの開発と現実

独自のメニューをたくさん研究して、日々新しいメニューを増やしたいと考える飲食店オーナーの方も多いです。

 

料理を作るのが好きで、さまざまな人に自身が作ったものを楽しんで欲しいと考えたから飲食店を始めたという方では、特にそのような傾向が強いです。

スポンサーリンク

ただ、たくさんのメニューが並ぶ中から選ぶ楽しみは確かにお客さん側からするとあるのですが、現実的にそのメニューを用意するためにどのような材料を揃えなければいけないのか、どのような設備が必要なのかということをしっかりと考えることも大切です。

 

効率的な運営を行うためには、ある程度メニューを絞るということも大切で、オーダーされてから提供できるまでの時間も飲食店のサービスの質の中に入ります。

まずは限定メニューとして試してみる

例えばラーメン店においては、オーダーがあってから10分も待たせてしまうと時間がかかりすぎだと思われることが多いように、思いついたからといって何でもメニューに並べれば良いというわけではありません。

 

実際に他のメニューと並べて作ることができるのか、そしてそれをオーダーしてくれるお客さんがいるのかどうかということも加味して考える必要があります。

 

こうした新しいメニューのテストとしては、まずは限定メニューとして試してみることが有効です。

 

いわゆるテストマーケティングということになります。

 

限定5食や限定10食として打ち出し、どれくらいのペースで完売できるかということを試します。

 

それが開店直後であれば有望な新メニューということですし、あまり売れないということであればニーズがないということになります。

 

残念ながら新メニューとして提供しない方が無難です。

 

もちろん受け入れられるかどうかは客層にもよりますから、トライアンドエラーを繰り返す気持ちでチャレンジし続ける気持ちが大切です。