MENU

口コミサイトを有効活用する

現代の情報は、インターネットに支配されているといっても過言ではありません。

 

どのような物、どのようなサービスに関しても、それを先駆的に利用して口コミをする人がいます。

 

口コミサイトをどう捉えるべきか

個人が勝手に持った感想が口コミですが、商品やサービスの提供側が発信する情報よりも信頼性が高いと捉えられています。

 

特にインターネットが発達してからの口コミは、一過性のものではないということがポイントです。

 

テキストとして後に残り続けます。

 

誰でも参照することができるものですし、悪意ある書き込みと、そうではない書き込みの区別もなかなか付けることができません。

 

そのため、数多くある口コミサイトを恐れる飲食店も多々あります。

 

ただ、悪い書き込みを恐れるあまり情報を出さないということではいけません。

 

むしろ、自身でアンケートを取る必要がなくなったと捉えることが大切です。

評判を真摯に受け止める姿勢が重要

クーポンサイトなどでは、お客さんの書き込みに対して返事をすることができる場合もありますし、その返答の内容も含めてサイトに表示されるため、クレーム対しての店舗の姿勢を見せることもできます。

 

良い書き込みだけを狙うことはできないので、口コミサイトでの評判を真摯に受け止めて改善していくという姿勢が重要です。

 

さらには、最近ではステマという言葉も一般化しています。

 

良い評判しかないようなものは、かえって疑われるようになっています。

口コミを成長の糧にする

氾濫する口コミに対して正々堂々とすることがポイントで、なによりも有効活用になります。

 

もちろん書き込みを促進するような働きかけをしてもいけませんし、口コミがされるということに対しての感謝も必要です。

 

口コミには、実際に店舗の運営側では見えない部分がたくさんあります。

 

お客さんの声を聞いてはじめてわかることがたくさんありますので、成長の糧にすることが大切です。


当サイトはユーザーにとって価値のある情報を正確に提供するべく取り組んでおりますが、必ずしも当サイトを通じて提供する情報の正確さ、信用性、完全性を保証するものではありません。当方は、当サイト内の情報の利用により生じた結果に関 して一切の責任を負いません。